• トップ /
  • 突然の葬儀にも慌てない

ノーメイクはマナー違反

突然の葬儀にも慌てない

葬儀に持っていくと安心なもの

突然の葬儀の知らせを受けると、持ち物の準備にあたふたして大切なものを忘れてしまいがちです。特に女性は忘れがちなメイク道具を準備することを忘れてはいけません。葬儀の時はノーメイクで行くのがマナーでは、と間違った知識を身に着けている人は要注意です。葬儀の席でノーメイクでいることは逆に失礼でマナー違反だと受け取られることがほとんどであるため、大人の女性であれば持ち物にメイク道具を忍ばせておくと良いでしょう。普段と同じメイク道具を使っていると、悲しみの場にそぐわないメイクになってしまう可能性もあるため、できるだけラメや華やかなカラーを使っていないもの、ブルーやピンクなど華美になるカラーの持ち物は控えるようにしましょう。涙をぬぐったときにファンデーションが崩れてしまうことがあるため、できればファンデーションやフェイスパウダーなどのベースメイク用メイク道具を持ち歩くと、思う存分悲しむことができておすすめです。またマスカラやアイラインなどをして目元を整えていく場合には、万が一メイクが崩れた場合に備えて綿棒やティッシュなどの持ち物を鞄にそっと忍ばせておくのがおすすめです。そうすれば葬儀にふさわしい出で立ちになることができるでしょう。

↑PAGE TOP