• トップ /
  • 葬儀に持っていく数珠について

葬儀に欠かせない数珠

葬儀に持っていく数珠について

数珠の選び方・葬儀での使い方

葬儀に参列する際の持ち物として、真っ先に思いつくのが数珠でしょう。もともとは僧侶の方がお経を読む際に使用する物なので、必ずしも参列者が持っていなくてはならないものではないのですが、仏教式のお葬式では基本的に持っていくのが常識と考えられているので、自分が仏教徒でない場合でもなければ持っておいた方がいいでしょう。数珠には珠の数や大きさ、飾りなどが異なる様々な種類があります。正式なものは、珠の数は108個で、宗派によって違う房や飾りがついています。自分の家の宗派に合ったものを購入するのがいいのですが、分からない場合は略式のものでも構いません。社会人であれば葬儀に参列する事も何度かあるはずなので、社会人必携の持ち物の一つとして、略式のものを一つ持っておくと安心です。ただし、似ているからと言って天然石のブレスレットなどで代用はできません。数珠は、僧侶の読経中や故人に手を合わせる時、また焼香の時に使います。手を合わせる時は、両手の親指と人差し指の間にかけ、親指で軽く押さえて固定します。焼香するときは、左手にかけて拝みながら右手で焼香します。使わないときは、左手首にかけるか左手で持っておきます。歩くときは、房を下にして左手で持ちます。なお、葬儀に数珠を持っていくのを忘れたからと言って、他人に借りるのはマナー違反です。持ち主の身を守るものでもあり、そもそも人に借りるようなものではないのです。よほど敬虔な仏教徒でもなければ、普段の持ち物として数珠を携帯していることはあまりないですし、忘れたなら忘れたでそのまま参列しても問題はありません。

↑PAGE TOP