• トップ /
  • 葬儀中のハンカチの色は?

ハンカチの色について

葬儀中のハンカチの色は?

葬儀の持ち物のマナー

葬儀の際、服装や身だしなみのマナーは気を付けていても、バッグの中の持ち物まで気持ちが回らないものです。特に気を付けたいものはハンカチです。涙を拭こうと取り出したのはよいものの、普段使いのものであったり、派手な色合いや柄のものであったりしたら気になってしまいます。冠婚葬祭に使用できるの色は白です。白と言えば、ネクタイなどでは結婚式のような慶事に使われる色のイメージですが、ハンカチについては葬儀の場合も白が基本の色となっています。このことは、古来より神事や弔事をおこなう服装が白装束だったので、その名残として残っているという説もあります。最近では、葬儀の服装や他の持ち物が黒であることから、ハンカチも黒色のものを持つことが増えているようです。また、グレーなどの地味な色のものならばOKとされる傾向もあります。そのため、無地のものでよほど派手なものでなければ、特にとがめられるものでもなくなってきました。ただし、光る素材が使われているものや、タオル地のものは避けたほうがよいでしょう。持ち物一つでも、葬儀の際のマナーを守ることが大切です。できればあらかじめ、白か黒の弔事用のハンカチを用意しておくようにしましょう。

↑PAGE TOP