• トップ

袱紗と数珠の準備を

葬儀参列に必要な香典等持ち物

葬儀・告別式参列のマナー

葬儀は冠婚葬祭の参列の中でも、あらかじめ予定されているものではありません。急な参列に際して故人やご遺族の方々に失礼のないように行動できるように、社会人として平素から葬儀の知識と持ち物等の参列のマナーを身に着けておきましょう。葬儀に参列する場合、一番大切な持ち物は香典です。これは故人の遺族が突然の出費を余儀なくされていることに対してお力添えをするという意味合いも含まれています。葬儀の通知(訃報)を受けたら、先方の宗教を確認します。先方が仏教でしたら、香典の不祝儀袋は「御仏前」と書かれているものになりますが、神教等仏教以外の宗教の場合は「ご霊前」書かれた不祝儀袋を用意いたしましょう。亡くなった方が親族やご友人等個人的に親しい方の場合は、親族やご友人の方々と相談して香典の額を決めましょう。会社や職場では、個人ではなく、会社名、または上長の名前で香典を出すこともあります。金額は上司及び会社の判断を仰いで出すことになります。このように香典の金額につきましては一人で勝手に決めず相談することが肝要です。不祝儀袋はそのまま持っていくことは避けましょう。袱紗を用意して不祝儀袋を包み、受付でまずお悔やみの言葉を述べてから、袱紗から取り出し、受付にお渡しします。もう一つ大事な持ち物として、先方が仏教の場合、数珠も忘れずに持っていきましょう。そのためには袱紗とともに数珠も欠かせない葬儀の必要な持ち物として普段から常備しておくことが大切です。

↑PAGE TOP